守備範囲、広いです!


オービックシーガルズLB#13岩本卓也選手。

この秋からミドルラインバッカー「マイク」という重要な役割を担っています。

QBがオフェンスの司令塔ならば、マイクはディフェンスの司令塔。

高3の秋にもやっていた経験はあるそうですが、守備範囲の広さを買われ、この夏からシーガルズのマイクとして練習を重ねてきました。

 

そして開幕!!マイクデビュー戦の相手はIBMです。

テンポの速いIBMオフェンスにどれだけ早くアジャストコールを伝えてフィールドコントロールできるか?

しかも場所は、音が反響してお互いの声が聞き取りにくい東京ドーム。

 

緊張感ある条件が重なる中、残念ながらマイクデビュー戦を勝利で終えることはできませんでしたが…

 

写真は2戦目のノジマ相模原ライズ戦後。

シャットダウンという、ディフェンスの目標を達成してホッとした様子の岩本選手です!!

「前の試合よりはフィールドコントロールができたと思います。ですが自分がボールキャリアに絡む回数は減ってしまったので、そこは課題です。」 

そして先週の第3戦、オール三菱ライオンズ戦では、2戦連続シャットアウト。チームが選ぶディフェンスのMVPに!!

選出理由は『6タックル、1インターセプト。ランでは常に相手キャリアーに絡むパシュートを見せ、パスではタイミングパスをインターセプトするなど守備範囲の広さを見せつけた』とのこと。

 

どうやら徐々にストロングポイントを発揮してきているようです!!

 

 

 

☆☆☆☆☆

Xリーグ情報もたっぷり!!

ハドルマガジン10月号、ただいま好評配信中!!