今度は自分たちが主役。


☆ハドルマガジン7月号発売中!お得な定期購読で☆

IFAF第5回アメリカンフットボール世界選手権アメリカ大会が行われているトム・ベンソン・ホール・オブ・フェイム・スタジアムは、プロフットボールの殿堂の隣にあります。

ちなみにこちらは6年前、つまり2009年のU-19世界選手権が行われたときの入り口。


こーんな位置関係。


現在のエントランスはこちら。

2009年のU-19日本代表に引き続き今回シニア日本代表に選出されたメンバー(宜本、遠藤、天谷、砂川、林、清家、高橋)は、再びこの地に戻ってきたわけです。

ですが、そのときはスタンドでみていた決勝戦。

アメリカ対カナダという決勝戦でした。


6年のときを経て、今度は自分たちが世界一をかけて戦います。