2016は女子が頑張りました!!


立命館大学パンサーズ、2016年シーズンの主務は女性でした。

石岡千晃さん。

「2016年シーズンはマネージャーもアナライザーもトレーナーも、みんな女性がトップなんですよ。」

最後の試合、TOKYO BOWLの後も黙々と仕事をしていた石岡さん。石岡さんの姿を見ながら米倉監督はそう教えてくださいました。

「あ、でもそういうこというとね、わたしは女だから選ばれたんじゃないです!って言うんですよ!笑」

気持ちわかるなぁー。
女だからって特別扱いされたくない。

きっとそんなおもいから始まったであろうこの1年。

主務になった当初は、いったい何をしたらないいのだろうと、絶望感しかなかったそうです。

そう話しながらも決して手を休めない石岡さん。最後の試合を終えた彼女の姿は、とても頼もしくみえました。

大学卒業後はアメリカにトレーナーの資格をとりにいく予定とのこと。
どんなときも、この1年間が自分の支えになるはず。自信にもなるはず。

これからの道、頑張ってくださいね。