アメフト代表選手紹介その5ーDB編


☆ハドルマガジン7月号発売中!お得な定期購読で☆

アメフト世界選手権日本代表45名をわたしなりの形でご紹介していくシリーズ。

その5は「DBー山嵜先生の教え子です編」です。
内容は以下の通りです。
①アメフトを始めた学年

②アメフトを始めた理由

③他にやっていたスポーツ

④今大会のオリジナリティあふれる個人目標

☆わたしからひとこと♪

練習終了後のお茶目な表情とともにお届けしましょう!

【DBー山嵜先生の教え子です編】

#16三宅剛司(立命館大→オービック)

①高1

②産大高校が近所!産大高校サッカー部の兄に「アメフト部が強いからアメフトをやれ」と言われて。

③サッカー(CB)

④身体がボロボロになっても相手にタックルして止める!
☆DBメンバーのなかでただ1人の3大会連続出場。つまりアメリカに負けた悔しさを味わっている男。タックルできるかできないかで試合が決まる!とのこと。

ちなみに4年前。

#14藤本将司(立命館大→オービック)


①高1

②野球(セカンド、ショート、サード、ライト)ラグビー

③二つ上の兄がやってた(ノリさんと同い年!)

④相手のレシーバーを徹底的に抑える!

☆みていていつも思うのが、本当にアメフトが好きなんだなぁということ。1対1の強さ、ひつこさは相変わらず。現地から時々写真も届けてもらう予定です!

ちなみに4年前。

# 25砂川敬三郎(関西大→オービック)


①高1秋

②バスケ部に入ろうとしていたものの、アメフトがかっこよくて…

③バスケ

④世界でインターセプト王!

☆いい表情です!いい目標です!社会人3年目にしてオービックのキャプテンでもあります。ちなみにお父様もアメフトやっていました。右Gです。

ふと思ったのですが、この3選手って、高校日本一、大学日本一、社会人日本一、全部経験アリなんですね!

残すはあと世界一だけということか!!